FC2ブログ
 

mj.エンドルフィン

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2拍手のタグ
*    *    *

Information

□ IHATOV □

『IHATOV』設定色々

※作品は全体を通して繋がっていますが、基本的に一話完結になっております。
 時系列に並べるために、発表作品が前後することがございます。



喫茶店兼眼鏡屋を経営する男と、怪奇小説家の男。
恋人同士でありながら恋愛とは程遠い時間を共に過ごしているが、一ノ木の特異体質のせいで不可解な出来事にたびたび遭遇する二人は、様々なものの手を借りて自分なりに解決していく。
静かなようでいて慌しい毎日の中で、二人の関係に進展はあるのか。

主な登場人物

■梶浦 祐一郎(かじうら ゆういちろう)

27才 184cm 68kg 
『Cafe&Glass イーハトーヴ』の店長。
短くカットしてカフェオレ色に脱色した髪をトゲのように逆立てて固めている。瞳はアンバー。
やや垂れ目で常に人懐っこい笑顔を湛えており、表情は豊か。近視なので眼鏡は必需品。
よく見たら美形だが、陽気な雰囲気とひょうきんな仕種ですべてを台無しにする男。
大学生の頃からずっと一ノ木に惚れており、異常なまでの愛情を注いでいる。


■一ノ木 秀真(いちのぎ ほつま)

27才 174cm 54kg 
プロフィールや近影を一切公開しない、謎に満ちた気鋭の怪奇小説家。
腰に届くほどの黒髪、深い珈琲色の瞳。妖麗な美貌を持つ。
表情はほとんど動かず、人嫌いな上、デスクワークなので外に出ることがほとんどない。そのため非常に色白でかなりの痩身。
黒い和綴じの本を常に携帯している。
梶浦の愛情を受けとめつつ、受け入れる気は(まだ)ないらしい。


■角南 涼介(すなみ りょうすけ)

25才 182cm
『Cafe&Glass イーハトーヴ』のシェフ。
人付き合いの苦手な職人気質な青年。もくもくと料理を創ることだけが生き甲斐。
一つ上の兄・優介に梶浦を紹介され、それからイーハトーヴで働くようになる。
一ノ木の美貌に毎度惑わされ気味だが、梶浦の視線が痛く、なかなか長時間眺められないのが悩み。


■高田 正樹(たかだ まさき)

年齢不詳 175cm
一見普通の40代サラリーマンに見える霊能者。
学生時代、一ノ木が世話になった霊能者の弟子で、亡き師に代わり彼を見守っている。
一ノ木が時々バイトで助手を務めているが、ネタの提供をしている気分になることがしばしば。



◇その他◇

■万理絵(まりえ)
『Cafe&Glass イーハトーヴ』のフロア担当スタッフ。とにかく美人。
大人っぽい容姿だが、時々見せる無邪気な仕種で実年齢がさっぱりわからなくなる。

■優介(ゆうすけ)
角南涼介の年子の兄。弟大好き。梶浦に言わせればブラコン。
気遣いのできるデリカシーのない男。

■梶浦静信(かじうら じょうしん)
梶浦祐一郎の祖父。眼光鋭い洋装の武士。居合いの達人であり、師範として剣道場を開いている。


梶浦&一ノ木の部屋

401号室

梶浦の経営する店はこのマンションの道斜め向かいにあり、バルコニーから見えます。

スポンサーサイト

FC2拍手のタグ
*    *    *

Information

Date:2013/02/07
Trackback:0
Comment:0
Thema:自作BL小説
Janre:小説・文学

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。